スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うんちくかんちく。

世間様はGWに突入ですねー(*^^*)
今年のGWは天気もいいみたいだし、なんか良かった◎

皆様はどこかにお出かけされるのでしょーか?

さくら茶屋はGWも毎日営業しますよぉぉ\(^▽^)/

そしてせっせとさくらーゆを。。作るのです。w


最近、さくらーゆを作りまくってるわけですが、
にんにくとねぎのみじん切りで鼻と目がしみるしみる(´;ω;`)ウッ…

これはアリシンという臭気成分の仕業なんですが。。

ニオイだけじゃなくて目までいじめてくるんですよねー。。。。(-ω-

でもアリシンってそんなに悪いやつじゃないんだよ。
ビタミンB1を効率よく活性化してくれる、そんな働きもあります。
ビタミンB1ってのは、糖質をエネルギーに変える、代謝に欠かせない存在なのです。

ちなみに糖質ってのは炭水化物のこと。
即ち主食、と呼ばれるご飯だとかパンだとかうどんだとか、のことね。
あとはお砂糖なんかもがっつり糖質やね~。

糖質って、取り過ぎたら太るってゆうでしょ?
それはエネルギーに変わりきらなかった糖質分が、脂肪分となって体内に蓄積しちゃうからなんです。

難しい話を簡単に言ったつもりやけどやっぱ難しいよね( -_-)フ

まままま、何が言いたいかと言うと、
効率よく糖質をエネルギーに変えれなかったら太るぜ、と言いたいだけですw

その糖質をエネルギーに変えるのに、ビタミンB1が頼もしい働きをすると言うわけです。
(何回も言うってことはテストに出るってことやからねー!)

そんでアリシンがビタミンB1を活性化するんだーと言うんだから、
この話の主役のアリシンとビタミンB1を一緒に食べれば、
糖質ががーっと代謝されて、新陳代謝がよくなり、
疲労回復だったり元気が出る!!

と言うわけなんです。w

にんにくで精力つけよーぜってのもこゆとこからきてますね^^

ちなみにビタミンB1ってのは豚肉とか納豆とかレバーとかうなぎに、
アリシンはにんにく・ねぎの他にニラなんかにも多く含まれてます◎

このアリシン+ビタミンB1のダブルパワーで糖質の代謝を活発にしよう!元気になりたい!
と思ったときは、

・納豆にねぎを入れてみたり
・レバニラにしてみたり
・ニラと豚肉を炒めてみたり
・豚肉を炒めるときにさくらーゆを入れてみたり
・納豆にさくらーゆを入れてみたり

するとよいでしょう( ̄‥ ̄)=3

(注1*さくらーゆはラー油なので食べ過ぎは肥満のもとです)
(注2*糖質効率よく代謝してくれるからーと言って、お米食べ過ぎるのも肥満のもとです)

これが栄養学的にゆう、食べ合わせ と言うやつなんですが
ご理解いただけたでしょーか。

たまには管理栄養士なんだぞーということで
こゆ栄養学の話も取り入れていきたいとおもいます♪


さくら.





コメント

NO TITLE

勉強になりましたヽ(`▽´)/
スレンダートーン エボリューションと納豆にさくらーゆを食べれば
完璧ですねヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!
納豆にさくらーゆは絶対に食べたい!!!!!
(/・ω・)/

Re: NO TITLE

でたっスレンダーなんちゃらw
効果あるの?ピリピリせん?

納豆さくらーゆにさらに卵黄をのせて食べてみると。。
ご飯おかわりぃぃぃ ってなるよ。きっと。

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。